東京で天野喜孝(アマノ ヨシタカ)の売却なら

2020/03/26 ブログ
天野喜孝 飛天

はじめに


人気イラストレーターであり芸術家である天野喜孝(あまのよしたか)は1952年3月26日に静岡県で生まれました。アニメーション制作会社のタツノコプロダクションに入社し、キャラクターデザインを担当しました。代表作は「タイムボカン」や「ファイナルファンタジーシリーズ」ではないでしょうか。イラストレーターとして確固たる地位を築き、舞台美術や衣装デザインなどのジャンルでも成功を収めています。

 

絵画・美術品の買取を専門で行っていますので、天野喜孝作品の多くを占める版画作品の評価や市場価格を紹介します。

 

天野喜孝の評価・市場価値について


天野喜孝の美術作品の多くは版画という技法で制作されています。一般的には油絵、日本画、水彩など実際に描いた作品のみ美術品と思われる方が多いですが、版画も立派な芸術作品です。

 

版画とは色ごとに版を制作して、一枚一枚摺ることにより出来る作品です。作品によっては20~30色使いますので、その数だけ型を作り、摺る作業が増えます。

油絵などの直筆作品は作家一人で完結しますが版画制作は作家以外に彫師と摺師が必要です。版画作家と呼ばれる人の中にはすべての工程を自分自身で行う方もいますが、ごく僅かでしょう。

 

制作するのに手間がかかるのはご理解いただいたと思いますが、重要なのは「作家の直筆サイン」と「限定部数(エディション)」です。

この2つの記載があって作品として完結します。作家によってはサインも摺っていたり、限定部数の記載をしない人もいますが、近代版画はサインと限定部数が無いと評価しにくいのが現状です。

 

天野喜孝の版画作品もサインと限定部数が無いと評価できないケースもありますので、お手持ちの作品を確認してみてください。

 

本題の市場価値についてです

 

天野喜孝の版画は作品数が多く一部の作品を除いて供給が需要を超えています。

つまり、販売価格に比べて非常に安価な買取価格となります。多くの版画作品は5,000円~20,000円前後となり、一部の人気作品だけ50,000~200,000円前後となります。

 

作品のタイトルさえ分かれば概算価格のご提示ができますので、お気軽にご相談ください。

購入時に販売元の保証書が付いている事が多いですが、無くても問題ありません。ただ、額を入れる箱や袋はあったほうが好ましいです。

【絵画・美術品の買取専門店『獏』へお任せ下さい】