東京で塙賢三(ハナワ ケンゾウ)の買取なら

2020/04/05 ブログ
塙賢三

はじめに


塙賢三(1916~1986)は茨城県生まれの洋画家でピエロをモチーフにした作品が印象的な作家です。全国の有名百貨店や一枚の絵などで取り扱いがある人気作家です。

没後30年以上が経過しましたが、今なお根強い人気を誇る作家です。しかしながら、近年の評価を考慮すると全盛期に比べると買取価格は下がっている印象です。

 

塙賢三の作風について


二科展を中心に活動してきました。市場に流通している作品の多くは暖色系で構成された色合いに「ピエロ」や「サーカス」を描かれた作品です。ピエロの顔を大胆に描いた作品が印象的です。

戦後から60年代にかけての作品はトーンを落とした色合いで抽象的な作風なども制作していました。

若い時の作風は美術的な観点から見ると素晴らしいですが、市場評価の観点から見ると厳しい評価になります。なので、晩年にかけて制作された作品の方が評価は高いです。

 

塙賢三の買取金額について


最も評価が高いモチーフは「ピエロ」や「サーカス」です。晩年に描かれた作品の多くは上記モチーフとなります。

買取価格は3万~6万円前後となります。数年前までは大きさがあれば10万円以上の金額が付いていましたが、現在は厳しいです。

また、最も新しい作品でも30年以上経過していますのでダメージが出ている事が多い印象です。ワレ等のダメージが出ていると、程度により評価額が下がりますのでご注意ください。

 

問い合わせの際はモチーフとサイズをお教えいただければ概算価格をご提示できます。お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】