東京で玉村豊男(タマムラ トヨオ)の買取なら

2020/04/11 ブログ
玉村豊男

はじめに


玉村豊男(1945~)は東京都生まれのエッセイストです。旅行、料理、ライフスタイルなど幅広いジャンルで執筆活動をしています。

日本の最高学府である東京大学仏文化を卒業し、通訳業を経て現在の文筆業の世界に入りました。1987年の時に絵画制作を再開して版画が制作されるほどの人気作家となりました。

玉村は水彩画を中心に田園風景、野菜、花など自然と強い結びつきがるモチーフを選び作品にしています。包み込むような優しいタッチで表現された作品は日常生活に癒しを与えてくれます。

 

絵画・美術品の買取専門店の立場から、玉村豊男の絵画作品の買取金額を紹介させていただきます。

 

玉村豊男の買取金額について


玉村豊男の評価方法は「作品の技法」で判断します。主に市場に流通している作品は「水彩画」と「版画」に大別されます。順番に見ていきましょう。

 

「水彩画」とは、紙に水彩絵の具で描かれた作品です。名前の通り水を含んでいますので、透明感がある爽やかな印象の作品が印象的です。玉村は田園風景や野菜等をモチーフに制作をしており、買取金額は数万円代となります。具体的な金額は描き込み具合やサイズによって決定しますので、作品の画像をお送りいただけると査定はスムーズとなります。

 

「版画」とは、リトグラフやオフセットという技法を駆使して制作されたマルチプル作品です。直筆のサインと限定部数(エディション)が記載されています。水彩に比べると落ち着いた価格帯となります。

 

買取金額の問い合わせについては、電話・LINE・メールで受け付けております。お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】