東京で佐藤勝彦(サトウ カツヒコ)の買取なら

2020/04/16 ブログ
佐藤勝彦

はじめに


佐藤勝彦(1940~)は画家・書家・陶芸家と様々な顔があります。画壇とは距離を置き、独自の仏教感に従って書かれた作品が特徴的です。

佐藤勝彦の作品は「画賛(がさん)」という形式で表現されています。画賛とは絵に書が添えられている様式で、一般的には別々の画家と書家が合作として使用しています。佐藤勝彦の場合は自身で絵と書を描いているスタイルです。

 

仏教的なモチーフが多く、メッセージがあることにより作品のコンセプトが明確で分かりやすく、幅広い世代のコレクターがいます。

絵画・美術品の買取専門店の立場から、現在の市場価格を考慮した買取金額を紹介させていただきます。

 

佐藤勝彦の買取金額について


佐藤勝彦の作品は「サイズ」と「ダイナミックな表現」が重要になります。

まず「サイズ」です。

短冊のような小さいサイズから、たたみ一畳あるような特大サイズまで幅広い大きさで制作しています。大きければ大きいほど高価買取しやすいです。

 

次に「ダイナミックな表現」についてです。

サイズと比例する部分ですが、書く面積が大きいほどダイナミックに表現できます。原色を多用した作品はインパクトがありコレクターに好まれます。

 

現在の市場価格を考慮すると、買取金額は数千円~3万円前後となり、具体的な金額は上記内容等を考慮して決定します。

 

LINEやメールで画像をお送りいただけると査定はスムーズですが、画像を用意できない方はお電話でも査定依頼を受け付けております。詳細をお教えいただければ簡易査定可能です。また、点数が多いようでしたら無料の出張査定もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】