東京で酒井英利(サカイ ヒデトシ)の買取なら

2020/04/16 ブログ
酒井英利

はじめに


酒井英利(1948~)は京都府出身の洋画家です。現在は無所属で活動し、京都を中心に描いた精密な風景画が特徴の作家です。四季折々の様子を描いた作品は日本の四季をより楽しむことができます。日常の空間を1ランク格上げする力を有している油絵です。

 

モチーフは日本画で採用されやすい神社仏閣ですが、油絵の具の性質を巧みに操り生み出した風景作品は精密機械のような細かさと写真のような美しさを兼ね備えています。

 

酒井英利の市場評価を考慮して、現在の買取金額を紹介させていただきます。

 

酒井英利の買取金額について


清水寺、真如堂、嵐山、平安神宮、勝持寺、三千院等の京都を舞台にした風景を描いている作品が多いです。京都以外にも神社仏閣を中心に作品を描いています。非常に精密で細かい作品が多く、その描き込み具合が買取金額に影響を与えます。

桜や紅葉などの季節感を出した作品も多いですが、酒井英利の場合は特定の季節が高い訳ではありません。作品の細かさが重要になります。

作品の書き込みが分かる画像をお送りいただけるとスムーズに査定可能です。画像はLINEやメールで受け付けておりますが、お電話で詳細をお教えいただくのみでも簡易査定可能です。お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】