東京で孫家珮(ソン カヘイ)の買取なら

2020/04/17 ブログ
孫家珮

はじめに


孫家珮(1958~)は中国上海生まれの洋画家です。上海交通大学美術研究室修了し、中国で実績を重ねました。1988年に来日し、現在まで国内の有名百貨店で定期的に個展を開催しています。故郷の中国やヨーロッパの風景を中心に光を帯びた煌びやかな作品を多く残しています。

風景の中で「水辺」や「運河」をテーマにした作品はよく見かけ、作家の代表的なモチーフと言えます。水辺に輝く太陽の光を巧みに表現されており、技術欲の高さがうかがいます。

 

来日してから約30年経過しました。日本国内での評価もある程度安定してきました。その評価をもとに現在の買取金額を紹介させていただきます。

 

孫家珮の買取金額について


制作している作品の多くは「風景」を主題にしています。稀に女性図なども描いていますが、風景作品の方が高価買取しやすい傾向です。

具体的な買取価格は図柄、サイズ、コンディションにより決定しますので、最終的には現物を見させていただく必要があります。

 

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けております。画像を用意できる方はLINEかメールをご利用ください。画像を用意できない方はお電話にて作品詳細をお教えください。可能な範囲で簡易査定させていただきます。

孫家珮以外にも多数作品をお持ちでしたら、無料の出張査定も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】