東京でチャールズ・ファジーノの買取なら

2020/04/18 ブログ
ファジーノ

はじめに


チャールズ・ファジーノ(1955~)はアメリカ・ニューヨーク生まれの作家です。3Dポップアートの第一人者であり、日本国内ではジェームス・リジィと人気を分けています。ファジーノは様々なイベントや有名人とタイアップした作品を制作して、幅広い層で人気がある作家です。スーパーボール、メジャーリーグ、オリンピックなどのイベントをモチーフにした作品が代表的ではないでしょうか。

 

日本国内で流通しているファジーノ作品は3Dで制作された版画作品が殆どです。

 

3D作品とは?

西洋絵画の目的は「二次元の中で三次元」を表現することでした。その目的を達成するために目の錯覚を考慮した遠近法などの表現様式が確立され現在に至ります。

ファジーノの代名詞である「3D」は版面上に立体感を作り出しました。斬新なアイデアとファジーノ独自の表現方法が組み合わさる事により1つの表現様式と確立させました。独自のルートで二次元の中に三次元を作り出しました。

 

ファジーノの買取金額について


版画作品の買取金額は数万円代の買取が殆どです。

具体的な金額はモチーフ、サイズ、コンディションにより決定します。サイズが小さくコンディションが悪いと1万~2万円程度の金額になり、サイズが大きくモチーフが良いと8万~10万円の金額となります。

 

問い合わせの際は作品のタイトルよりも構図やサイズをお教えいただいた方が査定しやすいです。作品の画像をお送りいただける方は「LINE」や「メール」をご利用ください。より具体的な査定が可能となります。

「電話」でも査定を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】