東京でスティーブ・カウフマンの買取なら

2020/04/20 ブログ
カウフマン

はじめに


スティーブ・カウフマン(1960~2010)はアメリカ・ニューヨーク出身のポップアーティストです。

10代後半に伝説的なアーティスト・ウォーホルのスタジオでシルクスクリーンの作り方を学びました。その後、独立してマーベルコミック(スパイダーマンなど)とDCコミック(スーパーマン)の架け橋となる最初のアーティストになりました。

その為、カウフマンが描くモチーフに頻繁に登場し確固たる地位を築きました。また、芸術活動と同時並行に慈善活動にも積極的に関わっていたそうです。

 

日本国内で流通している作品のほとんどがキャンバスにシルクスクリーンで摺られたものです。現在の市場動向を考慮してカウフマンの買取金額を紹介させていただきます。

 

カウフマンの買取金額について


カウフマンの作品は、アンディ・ウォーホルに似た手法が多いです。大衆に人気があるマンガや有名人のイメージを拝借して、シルクスクリーンという何枚も大量生産できる制作様式と重ね合わせた表現方法です。大衆が作り出した大量生産できるイメージと技術的な制作方法をリンクさせた形です。

 

ウォーホルの作品と比べると買取価格や流通量は大きく異なります。

作品のモチーフ、サイズ、コンディションにより具体的な金額が決まります。

作品のモチーフとサイズが分かれば概算価格を提案できますので、お気軽にご相談ください。

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けております。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】