東京で竹内浩一(タケウチ コウイチ)の買取なら

2020/04/21 ブログ
竹内浩一

はじめに


竹内浩一(1941~)は京都府出身の日本画家です。1960年に京都市立日吉が丘高校日本画科卒業し、山口華楊に師事しました。山種美術館賞展大賞、京都美術文化賞、MOA美術館岡田茂吉賞など数々の賞を受賞し、2016年には大徳寺塔頭・芳春院の襖絵を制作した一流作家です。

竹内浩一は【動物】を題材にした絵画作品が代表作です。
猿、仔犬、兎などの様々な動物をモチーフにし、竹内浩一が描く動物はデザイン化されておらず、目で見たものをそのまま画面に残しています。
淡い色合いを軸に、最低限の色合いで構成された作品は鑑賞者に落ち着きを与え、写実的な被写体からは命を感じます。日本画の古典的な手法から飛躍するのではなく、温故知新の姿勢を感じさせる作風です。

 

竹内浩一の買取金額について


高価買取のポイントは、<猿>でしょう。
非常に甲乙がつけがたい所ですが、猿をモチーフにした作品は他のモチーフと比べて若干評価が高い傾向です。しかし、重要なのは描き込み具合や全体のバランスです。

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受けて付けております。画像を用意できる方はLINEかメール査定をご利用いただき、すぐに用意できない方は電話でご依頼ください。

画像査定よりはざっくりとした査定金額になりますが、お調べしてご提案させていただきます。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】