東京で渡部満(ワタナベ ミツル)の買取なら

2020/04/21 ブログ
渡部満

はじめに


渡部満(1953~)は青森県出身の洋画家です。美大には進学せずに独学で絵画を学びました。東京セントラル美術館油絵大賞展出品、第二回小磯良平大賞受賞、青森県芸術文化報奨賞などの受賞歴があり、国内外で作品を発表している注目の作家で、海外からの評価も高いです。

 

制服を着て登場する女の子とミスマッチな背景がシュルレアリスム的な雰囲気を感じさせます。写実的に描かれた風景なので実際に存在する世界のように見えますが、画面上に配置されているモノが空間の統一感を歪めて独自の世界観を創り出しています。

西洋の古典絵画のような壮大さに現代を象徴する制服を着た少女の組み合わせは非常に面白いです。

 

渡部満の買取金額について


作家自身のスタイルが色濃く反映されている作品が高価買取のポイントです。近年、美術市場全体が徐々に冷え込んでいる中で数少ない相場を保ち続ける作家です。

版画作品も制作していますが、油絵作品と比べると厳しい評価になります。

 

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けております。画像を用意できる方はLINEかメール査定をご利用ください。詳細も分かれば具体的な買取金額をご提案できます。

画像を用意できない方は電話査定か、無料の出張査定も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】