東京で角島直樹(カドシマ ナオキ)の買取なら

2020/04/30 ブログ
角島直樹

はじめに


角島直樹(1947~)は兵庫県尼崎市生まれの日本画家です。1972年に愛知県立芸術大学を卒業しました。在学中は富士山で有名な日本画家・片岡球子のもとで学びました。1974年に愛知芸術大学大学院日本画専攻を修了し、院展を中心に活躍しました。 また、愛知県立芸術大学教授に就任し後進の育成にも務めました。

 

角島直樹の作風について


日本の風景を得意とする作家で、特に神社仏閣を四季折々の表情をつけて描いた作品が印象的です。濃いブルーで彩られた空も特徴的です。師・片岡球子が表現する世界とは異なる写実的な作風は、伝統的な日本画を近代風に変化させているため、和室以外の空間にも飾りやすいのではないでしょうか。

 

角島直樹の買取金額について


角島直樹の買取金額は数万円~15万円前後となります。具体的な金額は構図・モチーフ・サイズ・コンディション等により決定しますが、神社仏閣を精密に描いた作品が良いとされています。

他のモチーフでも十分に描き込みされている作品は評価が高くなります。

 

作品の詳細だけでも簡易査定は可能ですが、作品の画像をお送りいただけると査定はスムーズになります。

当社では「LINE」や「メール」にて画像を受け付けておりますので、作品の全体図・サイン部分・共シール(額の裏についている事が多いです)をセットにしてお送りください。

点数が多いようでしたら無料の出張査定も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】