東京で畠中光享(ハタナカ コウキョウ)の買取なら

2020/04/30 ブログ
畠中光享

はじめに


畠中光享(1947年~)は奈良県出身の日本画家です。1970年に大谷大学文学部を卒業し、京都市立芸術大学へ進みました。山種美術館賞展の出品や、シェル美術賞、東京セントラル美術館日本画大賞展大賞などの賞を受賞し、画家として確固たる地位を築き上げました。現在は無所属で活動しています。

 

畠中光享の作風について


写生を基礎にしたデザイン性のある画面構成と明瞭な色彩で、現代日本画の可能性を示しています。インドの美術(特に絵画・染織・彫刻)などの研究者でもあり、インドに関わるモチーフが作品に反映されている事も少なくありません。

大学を卒業してインドに滞在した経験があり、格差、言語、文化の違いなどを体験したそうです。その際の体験が作品を構成する要因になっているのではないでしょうか。仏教に関連した作風以外にも様々なモチーフを独自の表現様式で描いています。

 

畠中光享の買取金額について


具体的な金額はモチーフ・構図・サイズ・コンディション等により決定します。

最終的には現物を拝見する必要がありますが、作品の画像(全体図・サイン部分・共シール)をいただければ、具体的な概算価格をご提案できます。

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けておりますので、ご都合に合わせてお選びください。

無料の出張査定も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】