東京で大野俊明(オオノ トシアキ)の買取なら

2020/07/28 ブログ
大野俊明

はじめに


大野俊明(1948~)は京都出身の日本画家です。1973年に京都市立芸術大学美術専攻科日本画専攻を修了し、1987年に山種美術館賞展優秀賞、1993年京都市芸術新人賞を受賞し、知名度を上げました。1995年には、日本画家では珍しくニューヨークで個展を開催しました。以後は京都を中心に活動し、現在は京都市立芸術大学特任教授として後進の育成にも力を入れています。

大野俊明の作風について


古典的な日本画の表現様式を守りながら、淡い色合いやモチーフで作家の色を出しています。風景や人物をメインに制作している印象で、誰も傷つけない優しい作品に仕上がっています。また、上の画像を見ていただくと分かりますが、顔の描写も特徴的で様々な感情を読み取れ、鑑賞者の想像力を掻き立てます。
悲しい出来事が多い現代において、安らぎを与えてくれる作品ではないでしょうか。

大野俊明の買取金額について


大野俊明(日本画)の作品は舞妓などの女性図が人気が高いです。サイズや構図によっても異なるため、お気軽にご相談ください。

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けております。画像をお送りいただけると具体的な査定金額をご提案できますが、作品詳細だけでも概算価格はお伝えできます。お客様のご都合に合わせてお選びください。

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】