東京で前本利彦(マエモト トシヒコ)の買取なら

2020/07/28 ブログ
前本利彦

はじめに


前本俊彦(1948年~)は北海道出身の日本画家です。1974年に多摩美術大学大学院修了し、1980年に神奈川県展で大賞を受賞しました。1989年には世界的なアートフェアであるスイスバーゼルにも出品しました。成川美術館にて個展を開催したほか、全国の有名百貨店で扱いがある日本画家です。2000年に和歌山県の高野山で蓮華院障壁画を制作したことでも有名です。

前本俊彦の作風について


花鳥画・風景画・人物画などで定評があります。日本画特有の美しさを残し、洗練された作品は現代日本画の新しい形ではないでしょうか。精密なタッチで構成された作品は心地よく、和室から現代建築までマッチする不思議な魅力があります。

前本利彦の買取金額について


モチーフによって査定額に優劣は少なく、サイズ・全体の色合い・描き込み具合などを考慮する事が多いです。

当社では「電話」、「LINE」、「メール」で査定依頼を受け付けております。画像をお送りいただけると具体的な査定金額をご提案できますが、作品詳細だけでも概算価格はお伝えできます。お客様のご都合に合わせてお選びください。

【絵画・美術品買取専門店『獏』へお任せ下さい】